頂戴したお便りにつきまして

2018/06/20

先日、大阪北部を震源とした地震を受け一週間個サル中止の判断をアナウンスさせていただきました。

 

ワールドカップの盛り上がりもあり、蹴りたかった方が殆どだと思います。次の日曜日の開催も既に半分を越える人数が集まっておりました。考えすぎて正直胃がキリキリしましたが、一週間中止の決断を致しました。

 

背景として政府が「これは本震でないかもしれない。先一週間大きな地震に備えてほしい」という発表があり、優先順位はフットサルではなく皆様の命だと感じたためです。

 

決断した後もこれで良かったのかずっと悩んでいたのですが、本日2つ出来事がありました。

 

1つはあるフットサル施設は天災では仕方ないからと自らキャンセルしても良いですと参加者へ連絡されたということでした。この話題で話していたわけでないのに偶然知りました。

 

もう1つは昔から参加してくださっている方よりラインで下のような文章を頂戴したことです。引用の許可を得たため紹介させていただきます。

 

***

「私は損保の営業&コンサルタントです。法人向けのリスクヘッジの保険として、火災保険や地震保険を取り扱うので、情報は敏感な方です。賢明なご判断だと思います。
(中略)
今回も企業毎に、社員への出社指示基準や安否確認方法などが異なりますが、社員が本当に悲惨な罹災にあった際に、法人の役員はその指示や連絡に関して責任を問われると思います。営利優先よりも安全優先は、長期的には社員の信頼感をうみ、生産性を上げる筈です。個サルも同じですね。頑張って下さい。
(中略)
熊本地震でも、本震と思ったものが余震で3日後が本震でした。
万が一、本震が後日あり、施設から自宅へ帰れないと、家族からも非難囂々ですし、何より自分の行動を悔やみますからね。」

***

 

私の意図を完璧に汲んでくださっていると感じ安心しました。涙が出そうなコメントでした。「僕は間違っていない」と背中を押していただいた心境です。

 

このブログで何が言いたいのかと言いますと、

改めて命を大事にしていただきたいということです。

 

震度6弱の地震(僕の地域では恐らく4か5位)を受け死ぬことが少し身近に感じたと思います。けれど普通に出社するともうそれは過去のことになっていませんか。

 

勿論普通に生きていても死んでしまうリスクは沢山あります。車で事故するかもしれませんし通り魔に襲われる可能性もあります。今回以上の地震が急に来ることもあると思います。

 

フットサルをするなとか外出するな等と言いませんし、数年前にあったなんでも不謹慎だという無駄な自粛ムードになるべきだとも思いません。

 

できる限り6/27(水)からまた開催し盛り上げたいと思っております。

 

だから、今はどうか油断をしないでください。

 

尊敬している林修先生の言葉に歴史上の敗者には必ずと言っていいほど共通点があると仰っています。それは、

 

1.情報不足

2.慢心

3.思い込み

 

の3つです。

 

歴史とまではいかずとも直近の熊本地震から学べることがあるはずです。いつも暑苦しくて申し訳ないのですが、私が言いたいのは「また元気な顔でお会いしたい、一緒にボールを蹴り続けたい」という思いだけです。

 

何も起きず私が一人で焦っているだけなら、それほど幸せなことはありません。お読みいただきありがとうございました。

★大阪ゆる個サルについて★

ブログを拝見いただきありがとうございます!

参加した方が主役になれる個サル★エフスタ北花田やフットサルヨコタ上新庄やフットメッセ天下茶屋フットメッセ生野を中心に個サルやその他様々なわいわいできるイベントを開催しております。ご予約はホームーページより24時間簡単にできます^^代理予約も可能です!ご参加お待ちしております♪ #フットサル #futsal #soccer #サッカー #個サル #大阪個サル #個サル大阪 #ストレス解消 #運動不足 #Jリーグ #Fリーグ #関西フットサルリーグ#大阪フットサルリーグ #セレッソ大阪 #ガンバ大阪  #シュライカー大阪 #エフスタ北花田 #堺 #ヨコタ上新庄 東淀川 #フットメッセ天下茶屋  #フットメッセ生野 #マグ住之江  #リフティング #フリースタイル #フットサル大会 #初心者 #練習会 #大阪ダービー #個人フットサル

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

2019/05/13

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© OSAKA YURU KOSAL