(初心者用上達ブログ)#3.ボールを奪いたい

これまで何度も形を変えて上達ブログを書いています。そちらはブログのカテゴリー"フットサル上達"をクリックしていただくと見れますためぜひ参考にしてみてください^^

本や動画を見てもなかなか上手くなる方法ってわからないものです。特に初心者から中級者の入口まで学べてもそれ以上はなかなかわかりにくかったり実践的ではないものも沢山散見されます。僕の言ってることも100%正しいとは限らないため参考程度にお読みいただければ幸いです^^

今回の悩み:ボールを奪うにはどうすればいいの?

ボールを回されるだけではおもしろくないと思います。

DF(ディフェンス)を覚えることでフットサルは楽しくなります。

攻撃や守備の配置、連動の奥深さを知っていくことにフットサルの楽しさのエッセンスがあります^^

それに守備というのは盾を持って守るというより、こちらから能動的にボールを奪いに行く行為だとわかると楽しさが倍増します。

相手の意図を読み、チームで連動してボールを奪った時はものすごく気持ちが良いものです^^

■そもそもボールを奪わない

ちょwおまwこいつは何を言ってるんだ?

奇をてらっているのか?ww

説明します!

まずは相手ボール保持者(ボールを持っている選手)からボールをとりたいというシチュエーションから!

相手は経験者。コネコネとボールを動かします。

奪ってやろうと足を出します。

(※闇雲に足を出すとその過程で無意識にボールを蹴っていることがあるためご注意ください)

上手い相手なら知っています。

あなたがボールをとろうと足を出す瞬間、肩が動いたり膝を曲げる瞬間を見て後出しでボールを動かしかわせることを

つまりがむしゃらにボールを奪いにいこうとするとかわされてしまうというリスクがあります。(※個サルなどではあまり意識されませんが競技のフットサルだと1人かわされる=1人減る=数的不利=1人退場しているような状態でかなりピンチなのです)

つまり、

まずはがむしゃらにボールを奪いにいかないということです。

■もちろん奪えない瞬間が無いわけではない

まずは1対1のDFの場合、相手に対して正対しません

正対すると足が届きにくいばかりか、僕のような(股しか狙わない)プレーヤーに股を狙われてしまいます。なにより相手にかわされた場合、ターンしにくい等と言われています。

ということで半身になります。

相手をサイドに追い込むイメージです。そうすることでパスのコースを限定させることができ、(限定することで予測しやすくなり)出したパスを別の味方がカットしやすくなります。

腰は落としすぎないでください。

結局また持ち上げるのなら次の動作がしにくくなります。

1.相手がボールタッチをミスしてボールがさらされている場合

ボールはここでも蹴りません。

蹴る⇒ラインを割る⇒相手ボールになる

という永遠ループが待っています。

ボールはとりきることが非常に重要です。

ボールは踏みます!

(※相手が蹴ろうとする力をこちら側から遮断!というイメージですが文章では難しいため補足が必要な方はいつでも聞いてください)

そして即座に相手とボールの間に自分の体を入れてボールを完全に自分のものにします。

注意点として、

上手な人はわざとボールをさらしているフリをすることもあるためがむしゃらに飛び込まないことです。

2.相手が背中を向けてボールを持っている場合

相手の足の間からボールを奪えないか。

但しやはりターンされてかわされないことが重要です。

(【中級者用】※組織的な守備入門としては相手が後ろを向いてボールを持っているとボールを奪うチャンスです。その瞬間味方全員に「(プレッシャーを)かけろ!」等と合図し、他の味方も自分のマークにべったりつき、パスコースをなくすことで苦肉の策で出したパスを奪います)

3.トラップ際を狙う

トラップというのはパスを受けた瞬間のことで、基本的にはボールを止めたりすることです。

奪うのはやはり駆け引きです。相手も間合いを見てトラップを上手く動かすなどしてきます。駆け引きを楽しんでください★

ここで個サルで僕がほぼ100%ボールを奪えるものを紹介します。

ルーズボール(と言って転がっているボール)を一緒に追いかけるようなシチュエーション。相手選手がボールに触る瞬間を狙います。ちなみに殆どの方が足裏で踏みます。

追いかける時は(状況によりますが)ゆっくり走ります。そして相手がボールを踏む瞬間に追いつくように加速します。後は相手がボールを踏んだ無防備なところをついてボールを奪います。

味方や相手ありきのスポーツです。

相手がルーズボールを追っている時の目線など、前回も少し書きましたが常にそういった状況把握が大切です!

■ミスを誘う

ということでなかなか1対1でボールを奪えないため、ボール保持者のパスコースを限定するなど、組織的にボールを奪います。

ただ待っていてもミスは起きません。

ということでミスを誘います!

どうすればミスするかというと相手に近づくことです!

これをプレッシャーをかけると言います。

ボールを持っているあなたに手で触れるほどの距離でいる相手と、

5m離れている相手。

どちらにボールをとられそうですか?

聞くまでもないと思います。

ちなみに簡単に書いておくと、

このプレッシャーは相手がパスを受けトラップする瞬間にぐんと近寄ると効果があります。

(※【中級者用】そのための配置(ポジショニング)ですが、常には難しいため「今からとるぞ!」という時にチームで連動します)

あと個サルでも使えるのは、

ボールを持っている相手が迷っている時に一歩ずつ近寄ることです。そうしてミスを誘発します。

■死角から奪う

人間の視野は360°ではないことを利用します。

背中側に死角があるはずです。

相手がパスを受けようとしている時、こちらに背中を向けているならチャンスです。死角からそっと近寄りパスが通る瞬間、一気に相手の前へ出てボールを奪います。

「スネーーーーク!」

「リキッドォォォーーーーー!」

※メタルギアという相手にばれないように相手を倒すゲームのネタです

ここまで読んでいて改めて気付いてくださったと思うのですが、知っていくことで全てのプレーに狙いをもつことができ上達するということです^^

※中級者用だと組織的なDFの配置、パスコースを切る体の向き、下がる場面と飛び込む場面などまだまだ意識できることが多いです^^

繰り返しになりますが沢山チャレンジしてみてください!

沢山失敗する=前進しているということに気付くはずです★

お読みいただきありがとうございました!

■直近の開催予定■

6/8(金)20:00~22:00 天下茶屋​

6/9(土)11:00~13:00 上新庄​

6/9(土)15:00~17:00 北花田​

6/10(日)11:00~13:00 上新庄​

6/13(水)20:00~22:00 北花田

★大阪ゆる個サルについて★

ブログを拝見いただきありがとうございます!

参加した方が主役になれる個サル★エフスタ北花田やフットサルヨコタ上新庄やフットメッセ天下茶屋、フットメッセ生野を中心に個サルやその他様々なわいわいできるイベントを開催しております。ご予約はホームーページより24時間簡単にできます^^代理予約も可能です!ご参加お待ちしております♪ #フットサル #futsal #soccer #サッカー #個サル #大阪個サル #個サル大阪 #ストレス解消 #運動不足 #Jリーグ #Fリーグ #関西フットサルリーグ#大阪フットサルリーグ #セレッソ大阪 #ガンバ大阪 #シュライカー大阪 #エフスタ北花田 #堺 #ヨコタ上新庄 東淀川 #フットメッセ天下茶屋 #フットメッセ生野 #マグ住之江 #リフティング #フリースタイル #フットサル大会 #初心者 #練習会 #大阪ダービー #個人フットサル


最新記事