2018.5/26(土)11:00~13:00@上新庄

2018/05/26

変な比喩のクスッと笑えるものを目指しているブログです。登場しなかったから悪いプレーだったわけではありません。なるべく初参加の方を中心に珍プレー好プレーの記録として書いております^^

 

かごたにさんが、知っている顔の(50音順)ウッチーさん、たまおきさん、わらさん2名を現地で見つけ即興でチーム参加!かごたにさんのバイタリティは流石です☆チームになりボールを蹴ることで仲良くなっていました^^

 

なによりおもしろかったのが、全員が違う楽器を担当しているということです!あ、音楽の話ではありません。力強いドリブルで運ぶ力のあるかごたにさんにボールを失わないキープ力の高いウッチーさん、大阪ゆる個サル百景に数えられるスルーパスの名手たまおきさん、センス抜群のショートパスでオールマイティーなわらさん!わらさんご友人も「何やらせてもテクニカル、Hey Yo!わかってんだろセクシーギギャル Come On!」の状態(*^^*)

 

上からフルート、木管、管楽器、打楽器、弦楽器で交わったオーケストラは、即興で楽譜に繋いだパスの音符を浮かべていました^^具体的にはやはり相手陣地へ入っても回せるパスワークが素敵で正にフットサルでした!

 

なかなかレベルが高い日があっても競技のフットサルっぽい開催は少ないものですが、今回はそれっぽく、尚且つ全員クリーンファイトでした^^そして対戦した個サル枠の皆様も同じようでした!

 

ソルティさんがダイナミックにパスをゴール前に供給し、キレキレのあっきさんが中盤でボールを失わず、hiroさんがサイドを突破!おやじさんと息子様が見ている人から「上手い!」と声が漏れるほどの連携!!でした!

 

スーパーゴールもありました^^レオナルドさんの長距離弾!自陣深くからフリーキックのように相手ゴール右上隅に突き刺したゴールは、プロジェクションマッピングだったんじゃないかと疑うレベル^^

 

しゅんさんのクライフターンはキレ味抜群すぎ☆nikonyanさん(女性)はしっかりとパスを繋ぐだけでなく1対1でしっかりとゴールを決め、久しぶりのたくやさんは緩急をつけお洒落にパスを繋がれていました^^

 

若旦那さんも普段ゆったりとプレーされていますが、本当はフリーザのように戦闘力を隠されています!星のひとつやふたつは過去に破壊したことのあるはずの実力者です(^^)

 

初参加のかつさんは野球部だったと仰っておりましたが、ゴール前で間に合わないかなと思われたパスに追いつきゴール!俊足がフットサルに活きており、素晴らしい活躍でした!(そしてイケメン)

 

そねっちさんは足の長さを活かしたカットイン!こんどうさんは前線へのパスを正確に繋ぎ、ドリブルでは身体能力の高さが見えました!

 

今回もご参加&お読みいただきありがとうございました!

■直近の開催予定■

5/30(水)20:00~22:00 北花田

5/31(木)21:00~23:00 上新庄

6/1(金)20:00~22:00 北花田

6/2(土)11:00~13:00 上新庄

6/2(土)15:00~17:00 北花田

6/3(日)11:00~13:00 上新庄

6/6(水)20:00~22:00 北花田

 

★大阪ゆる個サルについて★

ブログを拝見いただきありがとうございます!

参加した方が主役になれる個サル★エフスタ北花田やフットサルヨコタ上新庄やフットメッセ天下茶屋フットメッセ生野を中心に個サルやその他様々なわいわいできるイベントを開催しております。ご予約はホームーページより24時間簡単にできます^^代理予約も可能です!ご参加お待ちしております♪ #フットサル #futsal #soccer #サッカー #個サル #大阪個サル #個サル大阪 #ストレス解消 #運動不足 #Jリーグ #Fリーグ #関西フットサルリーグ#大阪フットサルリーグ #セレッソ大阪 #ガンバ大阪  #シュライカー大阪 #エフスタ北花田 #堺 #ヨコタ上新庄 東淀川 #フットメッセ天下茶屋  #フットメッセ生野 #マグ住之江  #リフティング #フリースタイル #フットサル大会 #初心者 #練習会 #大阪ダービー #個人フットサル

Tags:

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

2019/05/13

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© OSAKA YURU KOSAL