クラシコ直前特集(バルセロナ旅行記)

2017年12/23(土)にクラシコがあります(※今回はレアルのホームであるサンチャゴベルナベウというスタジアムです)!

クラシコとは英語で言うクラシック、つまり伝統の一戦のことです^^日本だと野球の阪神×巨人が伝統の一戦というイメージがあると思いますがサッカーの最高峰、スペインリーグの2大巨頭、バルセロナ×レアルマドリードの戦いを伝統の一戦、クラシコと呼びます。

約7年前の2010年11月と非常に古い情報ですが現地にクラシコを観戦しに行きました。バルセロナのホームであるカンプノウというスタジアムです。その後個サルの参加者も数名バルセロナに行った方がいらっしゃいます。その時にもお話させていただいたこと等、今後バルセロナへ旅行を考えている人への何かほんの少しでも有益な情報、生の感想、感動、そして旅行中のクスッと笑えるような出来事を綴らせていただきます^^少しでも参考になれば幸いです!

まず旅行は一人で行きました。そのためかなりロンリーなウルフ的なものでした。あとバルセロナはスペインだけに話す言葉はスペイン語です。英語は出川さんレベルでノリだけで会話できるのですが宿泊したところなど英語で通じるところもありましたが挨拶と食べたいもののスペイン語は覚えていきました(笑)

【これだけ覚えていれば多分大丈夫なスペイン語講座】

▼オラ!⇒英語で言うHi!「やぁ」といった意味で顔見ればとにかくオラーで間違いなし。Vシネマの「オラー!(怒)」とはイントネーションが違います

▼ポルファボール⇒英語で言うplease。つまり「~ください」という意味。レストランでは食べたいもの+ポルファボールで注文できました。とにかく便利★

▼グラシアス⇒thank you!つまり「ありがとう」です!この3単語+本に書いてある食べたいものの単語+ノリで乗り切れるはずです!

実はスペイン語の本を買って数字や挨拶、会話など基本的なところは予習していったのですが英語と同じようにネイティブの会話を聞き取るのはヒアリング訓練がいると感じました^^;スピードが早すぎます。あ、あと正確にはスペイン語ではなくカタルーニャ語の単語を意識しました。スペイン語にも関西弁のように訛りがあり最近ちょうど独立する、しないのニュースになっていたほどバルセロナの人は言葉に誇りを持っている、と感じたからです。

さて時系列順に書かせていただきますと、今回往復の飛行機、ホテル、クラシコ観戦チケットのみであとは自由!というプランで行きました。5日ほどで30万円以内、試合が通常のリーグ戦ではなくクラシコのチケットだったため特に高額でした。。

当日はまず関空から!確か関空でユーロに変えたと思います。現地ではクレジットカードも使いました。一人の旅行は初めて、しかも海外は家族に連れて行ってもらったのみで一人海外は初だったためとにかく行きの飛行機はトイレが近かったです。直行便は無いため僕の場合オランダのスキポール空港を経由しました。機内で「飲み物いりますか?」と聞かれ「コーラ」と言って水が出てくる程度の英語力ですww

写真は外付けHDD(ハードディスク)へ保存していたものがあったため載せさせていただきます!写真は全部で600枚ほど撮影していたのですが厳選したものをどーぞ♪

まずオランダの空港はこんな感じです!オランダということもありアヤックスのユニフォームが並んでおりました。当時自チームでもアヤックス(アウェイ/黒)を揃えていました。文鳥さんが表紙の本もかわいいですよね♪電話機やトイレ(盗撮)など僕らが知っているデザインとは違うためパラレルワールドにでも来た気分になります。オランダまで飛行機で12時間位乗っていました。

ちなみにスキポール空港で働く男性に乗り口の場所を聞いた時「それは100番乗り場を真っ直ぐだよ」的なことを言われ(※100番乗り場などない)一瞬ボケだとわかりませんでした。日本人だとグーで殴ってるところですね(笑)※冗談ですよ

そこから2時間ほど飛行機に乗ってついにバルサ到着!

「プラット空港にぷらっと来ました」という思いついた素晴らしいギャグを誰にも伝えることもないのが一人旅。実際着替えを詰めてリュックひとつでぷらっとやってきました。

バルセロナの空港に着いたのは夜。キレイな夜景に歓迎されて着陸しました。空港から泊まるホテルのあるロカフォルト駅へはタクシーを使いました。驚いたのはタクシーのメーターがせわしなく1の位からぶわーっと回ってることです。日本では例えば550円と書いてあるメーターが少し進めばいつの間にか700円になっていると思うのですが、そうではなくもうすごい速度で回転していました(笑)こっちの方が不正ができなくていいかもしれません^^;

ホテルへ到着!テレビをつけても言葉がわからなすぎます!(笑)ただバルサTVやイナズマイレブン?といった日本のアニメも放送されていました!

エレベーターには閉めるボタンがなくて驚きました。日本人は閉めるを連打しがちだと思うのですが何か時の流れもゆっくりに感じました。海外は本当に空気も違います。しつこいですが違う世界に来たようです。

さて寝て翌日朝からは街探索をしました!ホテルの朝食では沢山のハモンセラーノ(生ハム)がありめちゃくちゃおいしく一気に口内炎ができました^^;とにかくひたすら歩いて街を見たかったため連日(最終的に)足がつるほど歩きました。歩いてその帰り道だけメトロに乗りました。

カサ・バトリョ、カサ・ミラ等、世界遺産のガウディの建築物が普通に街にあるため知らなければ通り過ぎてしまいます。他には街のサッカークラブで蹴る子どもたちを勝手に見学したりしてました(笑)中央が有名なサグラダ・ファミリア聖堂です!実は中へは入りませんでした。周りを囲むような行列だったため、今度大切な人と来た時に初見でいようと思ったためです(何か良い話ですよねw)。

2組の外国の方と一緒に写真を撮って少しお話したりしましたが、僕も一人でとにかくねり歩きたかったためそれっきりでした。今考えればもっと仲良くなっておけばと(略)ww

サグラダ・ファミリアからは北へ歩きグエル公園へ行きました。こちらもただの公園ではなくガウディさんの作品!上の写真の一番右下のミニサッカーコートは確かグエル公園の中にありました。ここでいつか個サル開催したいです^^観光客でここから行く人はいないだろうというローカルな道から無理矢理グエル公園へ到着!

クラシコ観戦以外ではグエル公園が一番良かったです^^お菓子の家をイメージしたメルヘンな建物(雑貨屋さん)もあるため女性にもオススメです★何と言うか散歩するだけで癒されます^^グエル公園でオレンジジュースを飲んでシエスタ(お昼休憩のようなもの)をしていました。正に民明書房の"人といふものの"の気持ちです。贅沢!

メトロは難波~梅田230円というような区間料金ではなく1日券いくらというシステムです。確かカタルーニャ駅の乗り換えは本町駅並みに歩いたような気がします。

小腹がすいたためメルカドーナというスーパーでお買い物しました。カゴは手に持つのではなくキャリーバッグをガラガラ引くような感じでお洒落でした^^物も安く、正確な値段は覚えていませんが1.5ℓくらいの大きなオレンジジュースでも1ユーロほどだったと思います。ただレジのお姉さんは僕に対しファッ○ンジャップがという感じで(お菓子とかプリン等も買ったのに)ビニール袋くれなかったため要求してもらいました^^;

上の写真はバルセロナオリンピックが行われたオリンピック村周辺です!カタルーニャ美術館、そして写真中央、白いアンダルシアな壁の感じはスペイン村というスペインの街並みを再現した場所です。左下の風景、本当にのどかなモンジュイック周辺。この辺に住みたいと感じました。

そしてとても賑やかなランブラス通り!サン・ジュセップ市場は定休日でした。。先日この付近でテロがあったのは残念なニュースです。道には透明人間やリフティングをされている方や銅像と化した人がいました。何かノリで路上でしている賭け事にも混ざりましたがルールがよくわからず危うくエスポワールへ行くところでした(笑)

そこからバルセロネータ海岸の方へ歩きました。旧市街の方も歩いていたら道を聞かれましたが僕は現地の人ではありませんと返しました(笑)治安がよろしくない地域もあるため歩く地域は、注意が書いてある地図を見ながらがお勧めです★ピカソ美術館を通りシウタデリャ公園も通過し地中海へ!ここで一人水族館へ行ってます^^;

夕方のバルセロネータ海外はとても素敵な景色でした^^幾つか卓球台も置いてありました。