12/14(木)上達ブログ#5.ボールを止める

2017/12/14

※フットサル上達のためのブログ。

専門家ではないため参考程度にお読みください★

 

ここ1週間ほどで夢の中で夢が叶うことが多い僕です。どちらもそうなりたいと願ったわけではないため深層心理的に思ってたことだと思います。僕、目に常にクマができてるでしょう。夢はフルカラーで結構いつも覚えてる人なんです。それで寝付けていないのかもしれません^^;だから変な夢もよく見ます。。

 

叶った夢のひとつはセレッソ大阪の選手として1-1の場面で得点を決めたことです(笑)逆転弾!これは気持ち良かったですよ☆試合終了後(夢の中で)ツイッター確認したほどです(笑)その翌日くらいに見た夢が大きいフェス(音楽ライブ)に出る場面です。会場に沢山人がいて控え室から出てくるところ。ギターをやってたんですが基本ハイスタのコピーバンドやったんでそれしか弾かれへんってと焦りながらギターの音を鳴らしたらお客さんがすごいいい反応で。でもなんもレパートリーなくてアドリブでやるしかない、やばいって!と思ってる間に目が覚めました。オチは無いんですが「夢も叶えたからもうええやろ」という神様のメッセージでそろそろ死んでしまわないか不安です。

 

さていつもお読みいただきありがとうございます!今回は止めるです!パスの受け手のお話です!まずは敵がいない場面を想定します。ボールを止めることをトラップと言います。正確には止めるだけでなくトラップの文字通り止めたり動かしたりして罠を張り相手を騙さないといけません。ボールを奪われないために!

 

パスを受ける時は基本的にボールを持ってる人(以下、ボール保持者)に体の向きを向けます。相手の陣地へ、ではなくボール保持者へ体を向けます。走ってる場合はトラップする時一瞬止まってみてください。走りながらトラップもしてすぐシュートを撃とうとしてトラップミスをしてしまう方を見かけますが大事なのはまずひとつずつすることです!いっぺんにしようとしないことです^^

 

さてグラウンダー(浮いていないボール)をどのように止めるのか。踏んづけようとするとタイミングをミスすると止めれないですよね?そのため足は(野球の)キャッチャーのように構えます。

 

 

足の土踏まずではなく、足首に角度をつけ爪先でボールを掴むようなイメージです。ちなみにボールタッチする時も土踏まずは使いません、爪先を沢山使ってください!

 

■今回のまとめ■

ボールを止める!

・相手のいる方向に体を向ける

・踏むではなく足首に角度をつけ構える、掴むイメージ

 

★大阪ゆる個サルについて★

ブログを拝見いただきありがとうございます!

参加した方が主役になれる個サル★フットサルヨコタ上新庄やフットメッセ天下茶屋を中心に個サルやその他様々なわいわいできるイベントを開催しております。ご予約はホームーページより24時間簡単にできます^^ご参加お待ちしております♪

■twitter ⇒ https://twitter.com/osakayurukosal

■instagram ⇒ https://www.instagram.com/osakayurukosal/?hl=ja

■facebook ⇒ https://www.facebook.com/%E5%A4%A7%E9%98%AA%E3%82%86%E3%82%8B%E5%80%8B%E3%82%B5%E3%83%AB-2011438835756075/

■mixi ⇒ http://mixi.jp/view_community.pl?id=6316277&from=home_joined_community

■LINE@ ⇒ @arz2474g

■お問い合わせ ⇒ mail:healtheworld0701@docomo.ne.jp LINE:healtheworld0701

#フットサル #futsal #soccer #サッカー #個サル #大阪個サル #個サル大阪 #ストレス解消 #運動不足 #Jリーグ #Fリーグ #関西フットサルリーグ#大阪フットサルリーグ #セレッソ大阪 #ガンバ大阪 #大阪ダービー #シュライカー大阪 #ヨコタ上新庄 #メッセ天下茶屋 #マグ住之江 #ラテラウ奈良 #リフティング #フリースタイル #フットサル大会 #初心者

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

2019/05/13

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© OSAKA YURU KOSAL