2017.11/18(木)13:00~15:00@上新庄

2017/11/17

今回のブログはINACを着た経験者のさやかさんとフットサルを始めて一年ほどのまおさん!お二人で来られたため友人同士と思いきや開始直前に出会い仲良くなったとのこと!ありがとうございます^^

 

まずさやかさんは他との差一目瞭然説明不要 by K DUB SHINEの実力者!フェイントで相手をかわせる、落ち着いてボールを持つ。そして一番の武器は強いシュートを撃てること♪

 

なにより股抜きだけで鎖国時代の日本を開国させたこともあるパナニストのあっきさんに股を何度か抜かれてしまいましたがそれさえも楽しんでいただけました★

 

そして初参加まおさんはフットサル始めたばかりとのことですが、すみません経験者だと思いました。。バスケをされていたポテンシャルからしっかりボールを止める、パスを回す、シュートを撃つまでできておりパワプロで言うとデフォルトでダイジョーブ博士の改造が見事成功している状態(イミフ)!ドラゴンボールで言うと生まれつきスーパーサイヤ人になれて何故かカカロットに恨みを持っている状態!これで実力が全員伝わったと思います!(ドヤッ)

 

本当にそれほど上手なエリートサイヤ人のまおさん!フォローの顔出しも抜群でした!

 

男性陣もそんな女性陣にガツガツ当たらずアシストもして頂きご配慮をいただける上手な方ばかりでした♪昔から何度か書いていますが僕の上手な人の定義としてまず肩の力が抜けていることがあります^^若い頃はとにかく目の前の相手に、試合に勝ちたいとクワトロバジーナ(※実はシャアアズナブル)が相手だろうと殴りがちですが、大人になると負けることで勝っている方こそ素敵だと思います。そうです、人生でまだ本気でフットサルをしたことの無い僕のことですね(?)

 

そねっちさんは熱い気持ちでの前線の飛び出しが持ち味です!ぜひウイイレで獲得してFWに配置させたいと思います^^

 

こうやさんは1秒間に16回ほどフェイントを入れ囲まれても全然ボールを取られません!細かいボールタッチは3Dプリンターでも再現不可能なハイレベルな技術です!

 

最後はプロレス黄金時代名を刻む、フットサルだけでG1-CLIMAXを3連覇したことのあるひでぽんさん♪(もう今回のブログ特に意味不明ですねw)ちなみに得意技は脇固めやSTOとのこと!僕は永田ロックですww

 

話がそれにそれ閑話休題状態でしたがひでぽんさんはムードメーカー+サイドを切り裂ける素晴らしい武器をお持ちです^^

 

本日もご参加いただきありがとうございました!

 

★大阪ゆる個サルについて★

ブログを拝見いただきありがとうございます!

フットサルヨコタ上新庄を中心に個サルやその他様々なわいわいできるイベントを開催しております。ご予約はホームーページより24時間簡単にできます^^ご参加お待ちしております♪

■twitter ⇒ https://twitter.com/osakayurukosal

■instagram ⇒ https://www.instagram.com/osakayurukosal/?hl=ja

■facebook ⇒ https://www.facebook.com/%E5%A4%A7%E9%98%AA%E3%82%86%E3%82%8B%E5%80%8B%E3%82%B5%E3%83%AB-2011438835756075/

■mixi ⇒ http://mixi.jp/view_community.pl?id=6316277&from=home_joined_community

■LINE@ ⇒ @arz2474g

■お問い合わせ ⇒ mail:healtheworld0701@docomo.ne.jp LINE:healtheworld0701

#フットサル #futsal #soccer #サッカー #個サル #大阪個サル #個サル大阪 #ストレス解消 #運動不足 #Jリーグ #Fリーグ #関西フットサルリーグ#大阪フットサルリーグ #セレッソ大阪 #ガンバ大阪 #大阪ダービー #シュライカー大阪 #ヨコタ上新庄 #メッセ天下茶屋 #マグ住之江 #リフティング #フリースタイル #フットサル大会 #初心者

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

2019/05/13

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© OSAKA YURU KOSAL